有力学習塾6社が監修する教育・受験情報
有力学習塾6社が監修する教育
・受験情報

  • HOME
  • 中学生
  • 【福岡県/数学】公立高校入試傾向解説(2021年度入試用)

中学生

2020.12.19

Vnet編集部

【福岡県/数学】公立高校入試傾向解説(2021年度入試用)

このページでは、2021年度の福岡県公立高校入試に向け、数学の傾向と対策についてまとめています。学習塾の監修による確かなデータと分析をもとにまとめられているので、2021年度入試を受験する生徒は要チェックです。

 

※この記事は「個別指導の明光義塾」九州本部および福岡の学習塾「エディナ」の監修のもと作成しています。

2021年度入試の出題範囲変更について

まず始めに2021年度公立高校入試の出題範囲の変更についておさらいです。出題範囲から『三平方の定理の利用』『標本調査』が除外となります。裏を返せば『三角形』や『四角形』『合同・相似な図形』など、幅広い内容の出題が考えられますので、ポイントをしっかりと押さえましょう。

平均点の推移について

過去7年間の平均点の推移です。難・易の繰り返しで、ジグザグの直線を描いていましたが、ここ2年は連続で上昇しています。2020年度は全体的にやや易しくなり、平均点は1.5点アップしました。2021年度も昨年度同様、完全記述問題が多くなることが予想されますので、問題文を丁寧に読み取る力、複数の条件から1つの結論を導く論理的思考力が必要となります。また易しい問題でミスをせず、確実に正解することが大切です。見直しの時間をしっかりと取るように心がけましょう。

問題構成と配点について

大問は6問構成です。大問1の配点は2019年度、2020年度と2年連続で全て1問2点。完全記述の配点は2019年度よりも2点分多く設定されました(21点→23点)。また、2次方程式の文章題が2011年度入試以来の出題となりました。大問5、6の正答率は50%未満で、特に大問6の空間図形の正答率は24.3%と低い結果でした。例年60点満点中20~22点が中3の2学期以降の内容なので、今後の学習もとても大切です。

今後の勉強法について

1回分のテストは45分で解答、5分で見直しを意識すること。新傾向問題も含めた過去問の練習では、弱点単元を繰り返し解き、克服するようにしましょう。ただ漫然と問題を解くのではなく、解き方や考え方を完全に理解するように心がけてください。

②記述力アップと不要なミスを防ぐため、文章題を解く時は「考え方」や「証明」を詳しく書き、しっかりと目で確認するようにしましょう。

③目標点にあわせて問題を適切に選択しましょう。入試での目標点にあわせ、問題を確実に得点できるように練習しましょう(仮に数学が苦手でも平均点は取れるようになっておくことが重要です)。

テストでの実践項目

時間配分に気をつけよう

45分で解答、5分で見直しを徹底。[4][5][6]の最後の問題に時間をかけ過ぎない。[1]は最大7分で解く。

ミスがないか絶対に確認を

[1]は最後の5分で必ず見直しを。符号や約分、ルートの中、計算の順序が正しいかなどに着目してください。解法がわかる問題を確実に得点できるように心がけましょう。

記述の項目をすべて書いているか確認

「解の吟味・過程・理由」を書いているか、「合同条件・相似条件」は合っているかを確認しましょう。

※この記事は「個別指導の明光義塾」および福岡の学習塾「エディナ」の調査・分析と監修のもとで書かれています。

 

教育・受験情報が無料で届く利用規約を確認

Vnetアライアンス企業一覧

教育・受験情報が無料で届く利用規約を確認

Vnetアライアンス企業一覧