Vnet 教育受験情報メディア教育受験情報
メディア

高校受験

2020.12.19

V-net編集部

【鹿児島県/数学】公立高校入試傾向解説(2021年度入試用)

このページでは、2021年度の鹿児島県公立高校入試に向け、数学の傾向と対策についてまとめています。学習塾の監修による確かなデータと分析をもとにまとめられているので、2021年度入試を受験する生徒は要チェックです。

 

※この記事は「個別指導の明光義塾」九州本部および福岡の学習塾「エディナ」の監修のもと作成しています。

2021年度入試の出題範囲について

まず2021年入試の学力検査の出題範囲については、範囲を変更している県もありますが、鹿児島県は例年通りとし、出題範囲から除外する単元はないと発表されています。過去問や類似問題を解き、しっかりと対策をしましょう。

平均点の推移について

まずは過去5年間の平均点の推移を見てみましょう。2019年度入試で平均点が7点ダウンしましたが、昨年度はそこから4.1点アップしています。2021年度も昨年度同様、完全記述問題が多くなることが予想されますので、問題文を丁寧に読み取る力、複数の条件から1つの結論を導く論理的思考力が必要です。

問題構成と配点について

続いて問題の構成と配点です。大問は5問構成です。大問1、2の小問集合の配点が、90点満点中40点です。大問3 、大問4、大問5の正答率は50%未満で、特に大問5の関数と図形の正答率は18.9%と低い結果でした。標準レベルの問題を、全分野すばやく解けるようになることが「合格への近道」となります。

今後の勉強法について

以上を踏まえ、今後の勉強法について3点お伝えします。

時間配分を決めて慣れておく

1回分のテストを45分で解答し、見直しの時間を5分確保するようにしましょう。弱点単元を繰り返し解いて克服することは重要ですが、その際は解き方や考え方も完全に理解するようにしましょう。そうすれば応用問題が出ても慌てることなく対応できるようになります。

記述対策は目で確認を

記述力アップとミス撲滅のために「考え方」や「証明」を詳しく書くようにしましょう。目でしっかりと確認することも大切です。

目標点を確実に取る姿勢が大切

目標点にあわせて、解答する問題を適切に選びましょう。自分で設定している目標点を入試本番で取るにはどこで何点取れば良いかを考え、練習を重ねることが大切です(数学が苦手でも、平均点は取るように意識してください)。

テスト当日の実践項目

最後に入試本番で実践するべきことをご紹介します。

時間配分に気をつけましょう

45分で解答し5分で見直し。[4][5]の最後の問題に時間をかけ過ぎないこと。

ミスがないか確認

符号、約分、ルートの中、計算の順序が正しいかを必ず確認する。

記述の項目をすべて書いているか確認

「解の吟味、過程、理由」を書いているか、「合同条件、相似条件」は合っているかを必ず確認しましょう。

いずれにしても解き方がわかる問題に集中して、確実に得点することが大切です。

※この記事は「個別指導の明光義塾」および福岡の学習塾「エディナ」の調査・分析と監修のもとで書かれています。

 

教育・受験情報が無料で届く利用規約を確認

Vnetアライアンス企業一覧

教育・受験情報が無料で届く利用規約を確認

Vnetアライアンス企業一覧